MENU

売掛金回収の作業を自動化

PC

人員コストを削減できる

企業と企業の取り引きでは売り掛けが行われます。売り掛けというのはツケのことです。相手を信用してツケで商品を売り、あとから販売代金を回収するのです。この時に大事なのは帳簿でどの企業にどれだけ売り掛けをして、ちゃんと代金を回収したかどうかの確認です。これを怠ると経理がうまくいかなくなります。代金を回収した場合は入金消し込みという作業を行います。これはちゃんと入金を確認したというチェックです。従来は入金消し込み作業は経理が手作業で行っていたのです。しかし人間は間違いをしますので、入金消し込み作業を間違うと経理事務が混乱して取引先企業にも迷惑をかけてしまいます。それを防ぐ為に、現在では多くの企業が入金消し込みをシステム化しています。入金消し込みをシステム化すると、自動的に入金をチェックしますので取りこぼしや間違いをなくすことができます。経理の人員コストを下げることができ、なおかつ正確な入金消し込み作業ができるのです。もし期限までに入金のない取引先に対して、自動的に請求することもできます。入金消し込みのシステム化によって回収の取りこぼしがなくなり、業績にもつなげることができるのです。手作業で入金消し込みをしている場合はダブルチェック体制が必須でした。人員が2倍必要だったのです。しかしシステム化することによってチェックの人員を減らすことができます。従来は1日がかりだった作業が、システム化によって十数分で終えることができるのです。

Copyright© 2018 グループチャットで管理がしやすい【共有もラクラク行なえる】 All Rights Reserved.